--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-05

コミックフラッパー本日発売

コミックフラッパー三月号本日発売です。
COMIC FLAPPER ( コミックフラッパー ) 2010年 03月号 [雑誌]COMIC FLAPPER ( コミックフラッパー ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/05)
不明

商品詳細を見る


基本的に漫画で伝えたいことは漫画の中で、ここはおまけみたいなものです。
いろいろ今回は考えて描いた部分がどう伝わるのかまだ分かりません。

今回でこの咎狩白は一巻収録分となります。
完結編から新しい作品にと新要素を加え、12月発売の本誌で、雑誌で読んでる読者がより楽しめるようなクリスマスのネタをぶつけて、そこから広がった話をどう次につなぐかいろいろ考えました。

まさにこれが単なる僕の頭の中のトガリ続編ではなく、コミックフラッパーとその読者と一緒につくった咎狩白であるという象徴でもあります。

そこで、統兵衛の個人的な目標と、いつきや瀬名の個人的な因縁、東京という狭い地域のお話と、天界冥界人間界という大きなスケールの話がシンクロする構成にしました。

これが正解だったか間違いだったかは完結するまで分かりません。
ただ、描いてる僕も知らない方向に話が進んだことで、作品が予定調和でなく緊張感を持つことで、特にリアルタイムで読む面白さが強調できたと思っています。
あとは個人的にいわゆる原罪を理解するうえで罪=借金、善行=貯金と捉えると自分の中で納得できたので、じゃあ罪をお金で解釈すれば今の世界の金融破綻と重なるじゃね?経済って経罪ってことにしたら面白くね?とどんどん物語がクロスしてきたのでいったんまとめてみました。

スケールを大きくすると逆に薄っぺらくなる可能性も考えました。
しかしだいたいどこの宗教の話も逸話は小さい町の出来事を後世の人が広めたもので、偉人とその周りの出来事はあくまで個人範囲で理解できる私怨だったりなんではないかとういろいろ調べて思いました。

しかし僕自身は特定の宗教の信者でもなく、漫画は聖書でもないので、エンターテイメントとして楽しめればいいなと思っています。

まぁ、このへんのネタはこじらせるといろいろ怖いので楽しめる程度にしてるつもりですけどね。
聖☆おにいさんが大丈夫ならたいがい大丈夫だろうと…
聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
genre : アニメ・コミック

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

咎狩完全版とかでませんか?

Re: タイトルなし

出てくれればいいんですけど、それは残念ながらほかの人が決めることなのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。